小糸焼 ぐいのみ

伊羅保釉のぐい呑みは使えば使うほど、
色に深みが増していきます。
一日の終わりのお供は、小糸焼のぐい呑みで。

小糸焼窯元ショップ
小糸焼窯元ロゴ

岐阜県飛騨高山にある、親子で作る小さな窯。
普段使いの食器から、茶道具、モダンクラフトまで多岐に渡る作品を作られています。
1620年代、飛騨藩主であった金森重頼公が京より陶工を招き、高山市の西、小糸坂の地で陶器を焼かせた事が始まりであり、名前の由来とされています。飛騨に伝わるやきものの歴史において、文献の存在する窯元としては一番古いものです。
自動ろくろや鋳込型などを使わず、ろくろや板作り等は全て手作りで行っています。

小糸焼窯元ロゴ
小糸焼 ぐいのみ

ちびちびと飲むイメージのぐいのみです。
陶器は熱伝導率が低く、冷たいものは冷たい温度で、
温かいものは温かい温度で楽しむことが出来ます。
冷酒でも熱燗でもお任せあれ。
上質なお酒は、ぐい呑みのような小ぶりな器で頂くのがおすすめです。

また陶器に注いだお酒は味が丸くなり、やわらかく感じられるとも言われています。
見た目にも、ゆるりと余裕を感じさせる佇まいになりますし、
陶器にはお酒を美味しくする魔法があるのかもしれません。

カラー

小糸焼 ぐいのみ

ディテール

小糸焼に使われている「伊羅保釉」という釉薬は、
砂を混ぜたようなざらついた手触りが特徴。
このぐい飲みに使われている色はうぐいす伊羅保と呼ばれ、
緑・茶・青といったドットが集合し発色しているという事が、
顔を近づけてみると分かると思います。
手によく馴染む形は手作りで作られており、
持った時の収まりもしっくりきます。

使い込むほどに手触りは良くなり、色に深みが増していきます。
育てていく楽しみのあるぐいのみです。
とっておきの時に用意するよりも、
日常で使っていただくのをおすすめします。

小糸焼 ぐいのみ

小糸焼の特色

窯

小糸焼に使用する原土は高山市より北約20kmの飛騨市古川町の山土に加えて、耐火度(火に対する強さ)を上げるため、瀬戸の白土を混ぜています。

焼きあがると堅く焼き締まり、釉薬も緻密なため食品のにおいなどがつきにくく、普段使いの食器として気軽に使っていただけます。

釉薬テクスチャ

基本は「伊羅保釉(いらぼゆう)」と呼ばれる伝統的な釉薬を用いています。茶色の色合いで砂を混ぜたかのような、マットでザラついた質感が特徴です。
近年、青い顔料を加えた「青伊羅保釉(あおいらぼゆう)」を生み出し、最も人気の高い色となっています。
深みのある渋いコバルトブルーは全国でも小糸焼にしか見られない、貴重な色合いです。現在は顔料の配合を変えた、青、茶、うぐいすの3色のうわぐすりを用いています。

また、釉薬の性質上、使いはじめは少しザラザラとしていますが、使い込むうちになめらかな肌ざわりとなり、色もどんどん良くなってゆきます。

テクスチャ
テクスチャ
テクスチャ

小糸焼では、青、うぐいす、茶、トクサ紋(線を描いたもの)の4種類の伊羅保を作っています。顔を近づけてよく見ると、例えば青伊羅保だと青・黄色・茶色といった様々なドットが混ざり合い、発色しているのが分かると思います。このドットの集合が、色に深みを与えている理由です。
同じようでもひとつひとつが絶妙に異なり、まるで一点物のような空気感を放っています。

ラッピングについて


小糸焼 ぐいのみ


お届けに日数がかかる場合


飛騨 小糸焼窯元 ぐいのみ(桐箱入り)/うぐいす ギフト ぐい呑み 猪口 おちょこ

価格: ¥5,400 (税込)
[ポイント還元 54ポイント~]
数量:
在庫:

商品別の返品条件を確認する

レビューはありません

商品詳細

商品名 ぐいのみ/ぐい呑み/猪口/おちょこ(専用桐箱入り)
寸法 直径6cmx高さ5cm
材質 陶器
備考 レンジ・オーブンでのご使用は出来ません。
家庭用の食洗器はお使い頂けますが、お取扱にはご注意ください。
手作りのため、形や釉薬の出方は一点一点異なります。

他にもこんな商品があります

あずさ屋のサービス

5,000円以上送料無料

手数料無料

午前10時までのご注文は当日発送

会員の方はポイントが貯まる

新規会員登録で100ポイントプレゼント

開田高原とうもろこし

飛騨フルーツトマト

大鹿村ブルーベリー

メール便はじめました

産地から選ぶ

信州特産品

飛騨特産品

定休日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

午前10:00までのご注文 ≪当日発送≫

午前10:00以降のご注文 ≪翌営業日発送≫

(注)定休日は除きます

※ご注文は365日受付※

メルマガ会員さま募集中

あずさ屋店長ブログ

あずさ屋Facebook

モバイルストア

ページトップへ